2018年1月アーカイブ

製本ワークショップ

| コメント(0) | トラックバック(0)

前回の記事から半年も経ってしまいました。

しかも、タイトルが同じ・・・

004.jpg

2月に行われる紙meでワークショップをします。

イベントは2月10日と11日の二日間ですが、小さな本工房は10日のみ出展し、糸かがり製本の案内をします。

写真のように背の部分を糸でかがって本を仕立てます。背表紙がなく、かがりの目が露出した状態の本をつくります。

実際のページ数はこれよりも少なくなります。


◆ワークショップ概要

  1. 1枚の紙を折って16ページの「折丁」をつくるところから始めます。
  2. 表紙を含めた複数の折丁を1本の糸でかがり、一冊の本に仕立てます。
  3. 綴じ終えた本は最後にペーパーナイフでページを切りながら読みます。

◆ワークショップ趣旨

  1. 紙の目について知っていただきます。特に本をつくる上では逆目の紙を使うと開きにくいものになってしまいますので、目的に合った紙を使うことが重要です。
  2. 一冊の本が16ページ単位の折丁で構成されていることを知っていただきます。ワークショップではA4用紙に16ページ分のデータを印刷したものを折るところから始めます。折りの工程を通して、紙の目を感覚的に体験できるはずです。
  3. それぞれの折丁にかがるための穴をあけて製本します。本格的な道具を使った工芸的な製本ではなく、1本の糸だけでかがるやり方です。最初は難しく感じるかもしれませんが、いくつか練習すれば自力でできるようになります。
  4. 綴じ終えた段階では、いくつかのページは袋とじ状態になっているためそのままでは読むことができません。昔の洋書のようにペーパーナイフで切りながら読むのです。
  5. いま、たいていの本は無線綴じでつくられていて、「平らに開く本」というのはほとんどありません。作り方を変えればどのページも平らに開くものができるのだと言うことを知っていただくのが目的です。そのために、わざと背表紙がないスタイルのものを案内します。
  6. 今回つくる本では、紙をムダにすることなく使い切ります。工芸的な製本では、綴じ終えた後で背をノリで固め、背以外の3辺を綺麗に切りそろえます(化粧裁ちといいます)が、あえてこういったことはしません。化粧裁ちによってゴミが出ること、ノリを使うことによって綴じ直すことが難しくなることをなくすのです。
  7. 「書物をつくる」ことにこだわります。なにも印刷されていない紙でノートをつくるのではなく、ナカミがあるものをつくっていただきます(ページの面付けや紙の折り方、綴じの順番など、書物ならではの仕事が増えますが)。

003.jpg綴じ終えて、ペーパーナイフで小口を切るところです。

写真では分かりにくいかもしれませんが、一般の本にある背表紙がないので、フラットに開きます。

開いた状態の真ん中の折り目のところに糸が通っています。折丁の内側と背の外側を行き来することによりばらばらの折丁が綴じられていくのです。

本の中身についてはまだ決めていません。古い洋書絵本をと考えています。


◆日程および受付について

  1. 小さな本工房の出展日は2月10日(土曜日)のみです。
  2. 時間は11時から18時まで、2時間の枠で3回を予定しています。
    開始時間は11:30、13:30、15:30を予定しています。
  3. 金額は材料費込みで3000円です。
  4. 一度にご案内できる人数は6名程度の予定です。
    希望者多数の場合、若干増やせるかもしれません。
  5. 事前予約制とします。
    予約の受付は2月1日(木曜日)の夜からの予定です。
    予約の案内は後ほど追記します。

以上、ワークショップの案内です。今後随時このページを更新して行く予定です。直接関係ないことについてはTwitterでつぶやくことがありますので、ご興味がある方はイベント前だけでもフォローしてくださいませ。

◆受付終了について(2018年2月3日09:00追記)
各回とも定員を超えたため、受付を終了しました。ありがとうございました。
後日、同様のワークショップが他の場でできないか検討します。ご興味のある方はご連絡ください。

◆受付について(2018年1月31日08:30追記)

2月1日20時からメールにて受付します。

  • 小さな本工房まで◆メール◆でお願いします。
  • 返信はPCから行いますので、PCメールを受け取ることができるように設定をお願いします。
  • メールタイトルは「紙meワークショップ」としてください
  • 本文には以下の項目をお書きください。
    ◆参加希望時間(11:30、13:30、15:30のなかから第一希望と第二希望を)
    ◆参加希望者氏名(複数名の場合は2名までとします)
    ◆ワークショップに期待すること、要望などご自由に

今回製本するのは、写真の絵本を予定しています。約100年前の本です。
1枚16ページ、6枚なので全96ページになります。

002.jpg

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 5.2.3