語学書蒐集

| コメント(0) | トラックバック(0)

私にとって製本というのは、なにか作品や商品として製作して展示したり販売したりするものではなく、自分が欲しいものを使い勝手と使い心地が良いものに仕立てることだと考えています。

以前は毎月手創り市に出展して、製本サンプルを並べたり、ちょっと売れそうなものを考えていくつか出したりもしたのですが、そもそも、何のための製本なのかを考えたとき、ちょっと違和感があったのも事実です。

売るためにせっせと作る気にはならない、という気持ちはずっと前からあって、じゃぁ、なんで手創り市に出展しているの?ってことにもつながってくるのですが、私としては、書物だって他のモノと同様に手仕事でできることなんですよ、ということを知ってもらえたら良いかな、というぐらいの答えしか思い浮かびませんでした。

では自分がほしい本というのは、という話しになるのですが、小さな本工房がなにかオリジナリティのある本を作り出すだけのチカラ(財政的な面でも、内容に対する能力面でも)があったら、ある種の語学書を作ってみたいな、と考えています。

こんなものが欲しいという漠然とした思いはあるのですが、それに近いモノがないかとちょっと古い語学書を蒐集しています。

大型の書店でもあれこれ手にとって眺めてみるのですが、手当たり次第購入するだけの資金もありませんし、置き場も余裕がないので(すでに部屋の中は棚から溢れた辞書やら参考書が積み重なっている状態ですし)、新刊書店の棚にないような古書ばかり集めるようになりました。たいていは昭和の本です。

今、語学書には音声ファイルを収録したCDがついているのが当たり前になっていますが、むかし(私が大学で外国語を専攻していた頃もそうです)はカセットテープの時代で、テキストがいくら、そして別売りのテープがいくら(しかも本よりも高い!)というような感じでした。それを思うと、CD付きでこの値段で買えるということがどれだけありがたいことか・・・という気持ちになってしまいます。

専攻していた外国語は、当時はあまり教材もなく、集めるというような感じではありませんでした。いまは溢れるほど出ていますが、まぁ、興味がないので。量的には非常に増えたのは事実ですが、質的な面で豊かになったかというと、わたしはギモンに思っています。

専攻とは関係なく、いま集めている語学書はドイツ語やフランス語、ロシア語など。言ってみれば、むかしの「第二外国語」で一般的だったものです。

特にドイツ語関係の古書を重点的に蒐集していて、学習書(自習書)だけでなく、読解用の対訳教材や訳注書、単語・熟語集、独文解釈や和文独訳の教材など、いまの新刊書店の棚にはないようなものもあります。

英語だと、大学入試とも直結していて、文法書や英文解釈や英作文、単語集なども充実しているし、受験と結びつかなくても、TOEICなど検定試験対策の教材もあるし、それとはまた別に一般向けの教材もあるし・・・といった状況なのに、例えばドイツ語やフランス語では同じような充実度が期待できるかというと、残念ながら・・・ということになってしまいそうです。ただ、手元の「昭和の語学書」はかなり高度な内容のモノもあって、今では書店で見かけないだけの話し、なのかもという感じもしますし。

「いま、目の前にあるもの」だけを見ていたら、絶対に気づくことがないような教材がかつてはあったという事実を知ることができるかどうか、これは案外重要なことなのではないかと思います。もちろん、語学書に限ったことではなく、ほかのどんなことについても言えるのでしょうが。

そんなわけで、手元に集まった語学書を眺めながら、もし小さな本工房がなにか新しい語学書を作るとしたらこんなモノが良いのでは、とか、この本をこんな風にアレンジしたら使いやすいかも、とか、この単語集を逆配列にしたら便利だろうな、とか、英語の語源単語集と同様のものができないだろうか、とか、訳読用の注釈書はこれが参考になりそう、なんてことをあれこれ考えているのです。

私は、もともと「創作系」ではないので、なにか文章を書いたり絵を描いたりして、それを製本して売ろうとか、発表するという発想はない、でも、もし自分が編集者であり、企画者であり、また同時に製本もこなす出版人だったら、こんなモノを作ってみたいという構想はいくつかあって、あとは時間と金と、頭の問題(結局全てが・・・ってこと?)なのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://waldsteig.net/mt/mt-tb.cgi/230

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.3