翻訳詩集

| コメント(0) | トラックバック(0)

過去にも何度か書いたことがありますが、「翻訳詩集」というものを作っています。

IMG_0559.JPG最初に作ったのが、シュトルムの「ヒヤシンス」の日本語訳をあつめたもので、最初に作ったときは7通りの飜訳を一冊にまとめました。

もともとシュトルムやシュティフターの翻訳書を蒐集していたので、手元にある資料だけでまとめることができました。

その後、資料が増えて、今のところ9通りになりました。

7訳のときは「はん・ぶんこ」サイズで16ページに収まっていたのですが、飜訳が増えたので体裁を変えて再度作り直しました。新しいものは文庫本サイズで、片面のみ印刷して紙全体をロウ引きし半透明にしてみました。間に別の紙を挟んで、読みやすいようにしてみました。良い感じです。

写真は、ドイツ語の原文。InDesignで入力したテキストをもとに、樹脂版を作ってもらい、装飾料紙に印刷してみました。古書の雰囲気を醸し出せたら良いなと思っていたのですが、見事にピッタリです。

日本語訳以外に、英訳と仏訳も見つけたので、こちらもあわせて一冊に仕立てるつもりです。

翻訳詩集の第二弾はやはりシュトルムの作品で、「みずうみ」の中にも出てくる「森の中で」です。こちらは詩集のほかにも「みずうみ」の翻訳書や対訳教材からも翻訳を蒐集したので、目下29通り。こちらはページ数も多くなり、読み比べる楽しみも味わえます。

翻訳は出版年が古いものから順に並んでいて、初期のものでは五七調や七五調で訳されていたり、いろいろと発見があります。

これはまだ製作途中ですが、いつかお披露目できたら良いなと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://waldsteig.net/mt/mt-tb.cgi/229

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.3