工房通信(7月)

| コメント(0) | トラックバック(0)

豆本フェスタで注文を受けた豆本がようやく完成した。

本来ならばイベント前に完成していて、その場で買ってもらうべきところだが、商品が間に合わずに苦肉の策として「受注生産」方式にしてしまった。考えようによってはどの本が売れるかがわかるので、売れ残りによる無駄な在庫を抱えなくて済むのだが、逆に考えると負担は大きいかも知れない。

イベント会場で手にとってもらい、気に入ったら購入してもらう方がずっと楽だ。サンプルを見てもらって、後から製作するというのは案外しんどい。こんなことならもっと早くから準備に取りかかるべきだったと反省。

100%満足できるようなものはまだできない。どこかしら不満が残る、それでも納品してしまって良いのか正直悩むところ。

何種類かの豆本を併行して作っていたためちょっと盛りだくさんな感じ。
長くも短い1ヶ月だったが、色々な種類の豆本ができあがって、いかにも工房らしくなった。
これから依頼主に発送する予定。満足してもらえれば良いのだが......

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://waldsteig.net/mt/mt-tb.cgi/80

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.3