2010年6月アーカイブ

工房通信(6月)

| コメント(0) | トラックバック(0)

一週間前に「豆本フェスタ2」に出店した。
当初の気合いはどこへやら、販売用の商品が間に合わず、サンプルを展示し、受注生産方式に切り替えてしまった。おかげでイベント後の方が忙しい(注文も無かったら、それはそれで寂しいのだが......)。そんなわけで毎日少しずつ作業を進めている。

いつもは一冊の豆本をその都度作るのだが、今回は同じ豆本を数冊ずつ作らなければならないため、同じ工程はまとめて作業する。切る作業の時はひたすら切る、かがりの時はずっとかがり作業、表紙を作る時も同じ作業を必要な数だけこなして次の段階へ......。

机の上が文字通り「工房」と化している。
ちなみに、「小さな本工房」というのは「小さな本+工房」でもあるが、時には「小さな+本工房」でもある。(小さな本ばかりを作っているわけでもないし、基本的に机の上で全ての作業を行うため、文字通り「小さな」スペースでの作業になる。)

机の上にある小さな本棚、「小さな本工房」のために友人がプレゼントしてくれたもの。A7判の本がぴったり収まるジャストサイズで、素朴な感じもまさに「小さな本工房」のイメージにぴったり。いまは完成品のほかに作業中の本がぎっしりと並んでいる。

まずは注文を受けたものを早めに完成させなければ......

最近のブログ記事

Powered by Movable Type 5.2.3