文房具と事務用品

| コメント(0) | トラックバック(0)

「文房具」という言葉に惹かれる。
仕事や勉強で日常的に使う物とは別の、なにか特別なモノと言った趣がある。
小学校から大学まで使っていたノートや鉛筆などとはちょっと別の、また、職場で使う事務用品とも違ったものたち。

でも、たとえ仕事であっても、あるいは自分の勉強であっても、ちょっとこだわりの文房具を使ってみたいという衝動に駆られる。最近、ボールペンよりも万年筆を日常的に使うようになった。

ちょっとしたメモ程度でも、また勉強用のノートも万年筆で書くことが多い。以前は鉛筆を使っていたが、こちらもちょっとだけ贅沢なモノを使う。別に何が変わるというのでもないのだが、気持ちが引き締まる。

職人が道具にこだわるのと同じように、勉強するにもこだわりがあっても良いのかも知れない。

古い洋書を読むときに、カッターナイフでページを切るのではなく、ペーパーナイフで切りながら読みたい、そんな気持ちになる。

単なる気持ちの問題かも知れないが、古い書物にはペーパーナイフが似合うような気がするし、鉛筆を削るときは肥後守のほうが気合いが入るように思う。

ちょっとした違いだが、その差は小さくはないと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://waldsteig.net/mt/mt-tb.cgi/46

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.3