几帳面か神経質か凝り性か

| コメント(0) | トラックバック(0)

ずっと前に職場であった話。
資源の有効活用の意味で、ミスコピーの裏面をメモ用紙として使う所は多いはず。
だいたい使いやすい大きさに切ってクリップなどで綴じて使うのだが、ある人が非常にきっちりと裁断して、しかもきっちりとそろえて綴じていた。
それを見て、別の人が曰く 「神経質ですねぇ!」 思わず吹き出してしまった。「そういうときは『几帳面』って言うもんだよ」とアドバイスをした。「神経質ですねぇ!」とコメントした人はB型なのだが、その意見に座布団一枚と言いたい位の傑作だった。

なぜこんなことを書いたかというと、先日の豆本フェスタで作品をじっくりと見てくれたお客さんに、「ひょっとしてA型ですか?」って聞かれたのがおかしかったから。
別に血液型がどうとか興味があるわけでもないが、世間で言われている血液型判断がどの程度当てになるのか、あるいは当てにならないのかを確認してみたいという気持ちはある。
たぶんそのお客さんは作品の作りが丁寧だと言いたくて几帳面なA型を予想したのだろう。
こういうところで裏切るのが好きだ。「へぇ、やっぱり分かりますか?」とでも言ってみたいのだが、「ただただ丁寧に作っているだけではなく、自分の世界を楽しんでいる、しかもそこに価値を見いだしている凝り性タイプなんですよ」と答えた。
だいたい、こういうのって◇型に多いみたいですねぇ......

ちなみに、メモ用紙をきっちり揃えていたのは私ではありません。念のため。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://waldsteig.net/mt/mt-tb.cgi/44

コメントする

Powered by Movable Type 5.2.3